歯周病治療

歯周病になる過程

@食後の食べ物のかすに歯周病菌が集まります

A歯周病菌が集まり、歯垢が形成されます

B時間が経つと歯垢が石灰化し歯石になります

C歯周病菌は歯ぐきへと潜り込みます

D侵入してきた歯周病菌に対して歯肉が闘うことで歯肉が炎症を起こします

E炎症を起こした組織は死んでしまい、歯周ポケットという空洞ができます

Fできた空洞に細菌がたまってしまい、歯周病が悪化します

G歯周病菌は骨を溶かす毒素を出すため、歯を支える骨を溶かしてしまい、歯が抜け落ちてしまいます

歯周病の検査

@歯周ポケットの深さを測定します。

歯周病
歯周ポケットとは

歯面、歯頚部(歯と歯肉の境目)に付着したプラーク、
歯石が歯肉の炎症、膨張をおこし、歯肉溝を深くします。
健康なポケットの深さは2〜3mmです。

歯周ポケットの深さごとの症状

歯周病
ポケットの深さが4〜5mm

・ブラッシングの時、出血する
・歯が浮く感じがする
・歯肉がむずむずする

歯周病
ポケットの深さが6〜7mm

・口臭が気になる
・ものが咬みにくい
・歯肉が腫れぼったい

歯周病
ポケットの深さが8mm

・歯がぐらぐらする
・口臭がひどい
・咬めない

A歯の動揺度を調べます。(歯が動いてないかどうか)

歯がグラグラと動くのはなぜ?

  • 1.歯槽骨が吸収されて、歯を支えられない時。
  • 2.咬み合わせが、うまくいってない時。
  •        強すぎる咬み合わせは、歯周病を悪化させる原因になります。

  

B歯肉からの出血を調べます。

 

歯周ポケットの深さを測る時、歯肉の炎症により、
出血した部位をチェックします。 歯周病

歯周病の予防

〜お口の中の環境改善〜

プラーク(歯垢)は細菌の塊です。
そのプラークを、ブラッシングすることにより、
除去し、歯肉が引きしまり、ポケットの深さも
徐々に浅くなっていきます。

☆毎日のブラッシングと、定期的な歯垢除去が大切になります。

歯周病と全身の病気との密接な関係

歯周病は様々な病気と密接な関係があり、生活習慣病を悪化させ、肺炎を引き起こす可能性もあります。

肥満

お腹の脂肪が歯周病を進める物質を分泌します。

糖尿病

歯周病と糖尿病は互いに悪化させ合ってしまいます。

心筋梗塞

歯周病によって危険率が2倍も3倍も高くなります。

胎児への影響

歯周病は早産や低体重児の出産も引き起こします。

肺炎

唾液と飲みこんだ細菌が肺炎を起こす原因となります。

骨粗しょう症

骨粗しょう症の人は歯周病になりやすいです。